0172-88-8174

メールで問合せ

現場レポート

2012-09-26

トイレまでの手すり

1年前に住宅改修を行ったお客様から

先日玄関先で転倒して現在入院中とのことで

退院する前にせめてトイレまでの動線を見てほしい とお嫁さん

さっそく拝見させて頂きました。

一年前にトイレ前に通路(段差解消)を設置して、壁面に連続の手すりを

設置したのですが、その段差の反対側の柱面に掴まる所が欲しい と

そしてトイレ前の扉の開閉時と勝手口への出入りの際に

掴まる所がなくて と

そしてもう一つトイレ内扉を開閉して、便座へ移動する時に

バランスを崩しやすい とのこと

そして介護保険の理由を記載して、役所へ申請して

工事の許可を得てきました。

ご案内いたします。

段差の柱面にI型縦手すりを設置して

安定した動作で両側から掴まることができますね

そしてトイレ前と勝手口の移動にはI型コーナー手すりを

設置してそして少し長めにして勝手口と一段上がった

トイレ床面でも使いやすいように設置しました。

こちらはトイレ内の扉の枠コーナーにI型コーナー手すりを

設置して、扉を開閉して、そのままで便座に移動ができる

そして、便座からの立ち上がりは同じくこの手すりに掴まって

立ち上がり、扉を開閉して移動して頂く と計画しました。

これで安心して退院出来ますね。

 

アメブロバナー

ほのぼの通信

ほのぼの通信

最新号2021-07-28

8月号が出来ました!😊

» バックナンバー